ココモ法の解説 | 無料オンラインカジノゲーム

なぜネットカジノはペイアウト率を他よりも高くする事ができるのか 一

世間には、業種を問わず実際に店を構える有店舗型とオンラインショップなどに代表される無店舗型のサービスがあります。勿論カジノもそれらに含まれる1つです。
カジノは、まさに上記の2つの種類があります。世界各国にあるカジノ施設でプレイする方法がありますし、ネット上でプレイできるカジノもあるのです。
前者は、ラスベガスやシンガポールに代表される場所に自ら足を運んでプレイする方法になります。観光目的でその施設に足を運ぶ方々など、とても多いです。 それに対して後者は、いわゆるネットカジノです。施設タイプのカジノと違って、ゲームは非常に多彩な上に、確率に関する大きな特徴があります。

ネットカジノの場合、勝率は高めとなる傾向があります。
『ペイアウト』と呼ばれる言葉を聞かれたことがある方も居られるかと思いますが、これはカジノに限らずギャンブルにおけるプレイヤーの儲けを表す数字を指し、当然それが高いほど稼げる度合いも高くなる傾向があります。
パチンコなど大抵のギャンブルが良くて80程度の数値を出している中、ネットカジノの場合はなんと95以上もの数値をたたき出しているのです。
つまりそれが何を示すかと言うと、全くの初心者の方々がパチンコをプレイした時の利益率になると言っても決して間違いではありません。
完全初心者のパチンコプレイヤーが、パチンコに10万ほど投資したとします。それで最終的に手元に残る金額は、良くて8万前後と言う計算になるのです。
どこからこの8万という数字が出てきたかと言うと、10万に対して上述の80%という数字を乗じたからです。つまりマイナス2万円の損失になる事が多い訳です。もちろん腕前次第では、その確率をアップできる可能性はあります。
他の手段、つまりギャンブルの場合は、更にその率が低めです。競馬などは70%近くですし、宝くじに至っては40%程度に過ぎないと言われています。

ところが上述のオンラインカジノは、殆どの所で90%以上を誇るのですね。もちろんカジノ業者によっても差はありますが、96%以上の所が目立ちます。競馬に比べると、明らかに確率が高いと言えるでしょう。

なぜこのような%が実現できるかと言うと、それだけの利益を生み出せる確証があるからです。
と言うのも、そのネット上でカジノを運営する業者の方々は、実際の所かなり稼いでいます。少なくとも上述のパチンコと比べると、大きく稼げる自信がある訳です。
要するに
「稼ぐ事ができるからこそ、それをプレイヤーの方々の利益率に還元しても問題無い」
と考えているのです。
利益率が高いとの情報が広まれば、それだけ多くの利用客を呼び込む事ができるので、敢えてペイアウトを高めにしている訳です。事情はともあれ、その率が高いのであれば、少なくとも競馬よりは魅力的とも言えるでしょう。

ココモ法

ココモ法の利点

ココモ法はルーレットなど、勝率がおおよそ3分の1で配当が3倍以上のゲームに有効な方法です。1回でも勝てば、確実に利益を出すことができます。

ココモ法の手順

(1) まず$1(初期投資額)を賭けます。
(2) 負けた場合、同じく$1を賭けます。
(3) さらに負けた場合、前回の賭け金($1)+前々回の賭け金($1)=$2を賭けます。
(4) さらに負けた場合、前回の賭け金($2)+前々回の賭け金($1)=$3を賭けます。
(5) 負け続ける限り、前回の賭け金+前々回の賭け金を賭け続けていきます。

以下は配当が3倍のゲームで6連敗して7回目に勝利した場合のシュミレーションです。

  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 $1 $1 $2 $3 $5 $8 $13
勝敗結果 × × × × × ×
配当 0
0
0
0
0
0
39
損益収支 -1
-2
-4
-7
-12
-20
+6

ココモ法の注意点

比較的低リスクながら、確実に利益をだせる優秀な投資法です。ただし、配当3倍以上のゲームにしか使えないことを注意してください。